自動車保険のお見積りはSBI損保

SBI損保

よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6
  • 公開日時 : 2018/12/12 00:00
  • 更新日時 : 2022/05/31 16:53
  • 印刷

「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の主な違いは何ですか?

回答

どちらも、事故によって死傷した場合に補償する保険ですが、下図のとおり、「補償の対象となる事故」、「補償の対象となる方」、「補償内容」に違いがあります。

  人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険
補償の対象となる事故
自動車事故(※)により、補償の対象となる方が死傷された場合に補償の対象となる。
(※)「契約自動車搭乗中のみ補償」を選択した場合、契約自動車に搭乗中の事故に補償範囲が限定されます。
契約自動車に搭乗しているときの事故によって死傷した場合のみ、補償の対象となる。
補償の対象となる方
1.記名被保険者
2.記名被保険者の配偶者
3.1または2の同居の親族
4.1または2の別居の未婚のお子さま
5.上記以外の契約自動車に搭乗中の方
契約自動車に搭乗中の方
補償内容 ケガをした場合の治療費や休業損害、死亡した場合の逸失利益などが補償される。
(ご契約金額がお支払額限度)
ケガなどによる死亡・後遺障害・入院・通院などに応じて、一定の金額が支払われる。
(あらかじめ設定された金額)
 
* 法人のご契約では「契約自動車搭乗中のみ補償」となります。
 

「人身傷害補償保険」は実際にかかった費用や損害での補償となるため、保険金をお支払いするまでに時間がかかる場合があります。そのため、スピーディーに定額でお支払いする「搭乗者傷害保険」とセットで契約されることをおすすめいたします。

 
 
承認番号
22-0083-21-006

アンケート:ご意見をお聞かせください

ページトップに戻る