自動車保険のお見積りはSBI損保

SBI損保

保険用語辞典

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 328
  • 更新日時 : 2014/02/28 21:00
  • 印刷

人身傷害補償保険

回答

契約自動車の事故によって搭乗中の方が亡くなられた場合やケガをされた場合に、治療費や休業損害・逸失利益などを補償する保険です。
※自賠責保険や事故の相手方などから支払われる損害賠償額を差し引いた額をお支払します。
 
人身傷害補償保険については、ご希望の補償範囲に合わせて「自動車事故補償」と「契約自動車搭乗中のみ補償」の2つの補償種類からお選びいただけます。
それぞれの補償内容は以下のとおりです。
 
1.自動車事故補償
上記の補償内容に加え、記名被保険者とそのご家族(※1)については、歩行中や契約自動車以外のお車に搭乗中に遭われた自動車事故も補償する種類です。
ただし、下記のいずれかに当てはまる車に搭乗中の事故については補償されません。
 
・二輪自動車、原動機付自転車
・契約自動車以外で、記名被保険者または記名被保険者のご家族(※1)が所有する自動車
 
(※1)「ご家族」とは次の方をいいます。
・記名被保険者の配偶者
・記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
・記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
 
2.契約自動車搭乗中のみ補償
補償の範囲を契約自動車の事故によって搭乗中の方が亡くなられた場合やケガをされた場合に限定して補償する種類で、1.に比べて保険料が割安になります。
 
《補償の重複について》
1世帯で複数のお車を所有されていて、すでに「自動車事故補償」で人身傷害補償保険を付帯していれば、記名被保険者とそのご家族(※1)の方が契約自動車以外の自動車事故に遭われた場合も補償されている場合がございます(※2)。
その場合、2台目以降のお車の人身傷害補償保険を「契約自動車搭乗中のみ補償」にすれば、すでにご契約されている人身傷害補償保険との補償の重複をなくすことができます。
なお、お車の所有台数が1台の場合でも「契約自動車搭乗中のみ補償」をご設定いただけます。
 
(※2)1台目のご契約の補償範囲を十分にご確認ください。
 
*2016年5月以前のお申込みで、「自動車事故補償」「契約自動車搭乗中のみ補償」の表示となっていない方は、「人身傷害の契約自動車搭乗中のみ補償特約」の有無で補償種類をご確認ください。同特約を付帯していない場合には上記「1.」、付帯している場合には上記「2.」の補償範囲となります。
 
 
 
承認番号 : 
W-11-0437-068

アンケート:ご意見をお聞かせください

ページトップに戻る