火災保険はSBI損保

SBI損保

保険用語辞典

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2925
  • 公開日時 : 2016/10/03 09:00
  • 印刷

激変緩和措置

カテゴリー : 

回答

2010年1月1日以降の住宅の火災保険に関する建物構造級別の改定時の経過措置のことを指します。
建物構造級別の改定により、旧構造級別がB構造または2級で、改定後の構造級別がH構造または3級となる場合、大幅な保険料負担増があるため、それを防ぐための経過措置として、「激変緩和措置としての構造級別」が設けられました。

 

[SBI損保では]

激変緩和措置の対象となる場合、建物構造級別の改定前の火災保険でB構造または2級が適用されていたことがわかる保険証券コピー等をご提出いただく必要がございます。

既に激変緩和措置が適用されている場合には、激変緩和措置が適用されていたことがわかる保険証券コピー等をご提出いただく必要がございます。

 
承認番号 : 
W-11-0432-022

アンケート:ご意見をお聞かせください

ページトップに戻る